2013年

9月

08日

試験結果が出ました~キャリア・コンサルティング技能検定

先般受験しましたキャリア・コンサルティング技能検定<2級>の結果が出ました。

論述試験を6/23に、面接試験は8/4に受験であったので、ずいぶんと間があいてしまい、

不安要素も多々ありましたが、無事に合格。

その点数の内訳は、

 ・論述試験  70点

 ・面接試験  66点

  [基本的態度 65点、関係構築力 65点、問題把握力 65点、具体的展開力 70点]

というものでした。

 

合格ラインは60点。

面接試験においては評価区分ごとに60%以上の得点が必要、ということでしたので、

省エネだったとはいへ、なんとかクリアしておりました。

 

実は、試験中、試験であることを失念しており、途中で

「これは試験で、このあと口頭試問があるのだ!」

と思った途端、焦ってしまってんです。

その後、にわかに自分のペースで話してしまったのですが、コンサルタントが自分のために

コンサルティングを運んではいけませんね。。。

基本的態度、関係構築力に影響があったと思います。

 

 ※口頭試問・・・20分間のコンサルティング面接のあと、それについて面接官より何点か

          質問があります。

          もしコンサルティング面接が思い通りいかなくても、ここでどういう展開を

          目指したかったか、を述べることができます。

 

記憶をたどれば反省点が頭をぐるぐる回ります。

二度と同じ状況はない、というのが恐ろしいことです(これは試験ですけれど)。

 

試験に合格したということは一つの目標達成!と言えますが、むしろ私のイメージは、

他者から意味付けされた形が自分に付されて、客観的な武器を手に入れた、という感じです。

 

この武器をもって、さあ、どうするか。

肝心なのはここから始まる次の行動。

・・・やっぱり試験て通過点ですね。

 

と。自分に言い聞かせながら綴っています。