代表プロフィール

特定社会保険労務士/キャリアコンサルタント(2級キャリア・コンサルティング技能士)

  有村 律子 (ありむら りつこ)

 

1998年 日本女子大学文学部 卒業。

生物学に興味があったので、すぐには就職せずに専門学校に進み、2年間バイオテクノロジーを学ぶ。

 

最初の就職は、ヒトの塩基配列を読むプロジェクトに実験補助員としての参加。

~現在、生命工学での基礎となっているデータベースの作成に触れました。

 

2003年 実験に適性を感じず、研究をサポートする側に転身し、創薬研究会社に勤務。

~当時の事務方は社長と私の2人。ベンチャーのスピード感で規模を拡大し、人事業務に特化していきます。

 管理部門は『縁の下の力持ち』であることを痛感したのはこの頃です。

 IPOを目指し会社の組織を整えていく中で、盤石な管理部門が企業の安定経営を支えることを学びました。

 

2005年 大手食品関連会社勤務。

~より詳細な給与計算、社会保険手続、就業規則・諸規程の作成・変更などに携わる。

 

この間に社会保険労務士の資格を取得しますが、取得したからには、これを使ってどのように働いていけるかを考えました。

 

そして、社会保険労務士法人に所属し、労務顧問として法的アドバイスをさせていただきました。

十数名の企業と1000名近い企業では、お悩みも対処方法も異なります。

経緯や状況を踏まえて、ベストな解決方法をご提案するよう心がけておりました。

大切にしていること

◆労務顧問では。

  継続的な関係の中で社内文書の作成から解雇問題まで、事の大小を問わず、その会社の

 実情に合ったアドバイスをさせていただくこと。

  また、私にお話しいただくことで、人事ご担当者が問題点の整理ができた、ということもあります。

  第三者、専門家を近くに置くことで、皆様が本業に集中していただくことが出来れば幸いです。

 

◆就業規則の作成では。

  残念なことですが、昨今は従業員の方と揉めることが増えております。

  様々な要因が考えられますが、一つに「常識」が一致しなくなった、ということがあるように感じています。

  価値観が多様化していますから。

  職場、という場所や時間を共有するときに大切なのは、皆が一緒に気持ち良く働くためにどうするか、という、就業規則においては「服務規律」にあたる部分なのではないのでしょうか。

 

  この部分を定めるには、経営がどの方向を向いているのか、何を実現するために会社があるのか、といった”思い”をはっきりさせなくてはなりません。

  トラブルが起きた時のことに捉われ過ぎず、現に働いていらっしゃる従業員のためのルールを定めましょう。

 

◆給与計算業務では。

  給与計算業務をお引き受けするときには、同時に業務改善の提案をさせていただきながら。

  時間をかけるべき作業とそうでないものがあります。

 

  また、給与は人件費の動きを知ることのできるデータであり、適時なインセンティブや手当の意味の持たせ方でモチベーションアップにつなげることが出来ます。

  カレンダーに追われて行う業務ではなく、会社の思いを表現することができるツールとして捉えていただきたいと考えております。

 

◆職業相談においては。

  長い人生、夢を見て暮らすことが悪いこととは思いません。

  しかし、夢が夢のままではいつまでたっても気持ちが満たされませんし、現実とのギャップに苦しむことになってしまいます。

  なんだかせっかく夢があるのに不幸ですね。

  夢を実現させるためには”目標”というレベルに落とし込んでいくことが大切です。

事務所情報

■住所

 〒140-0004

 東京都品川区南品川3丁目3-6-405

 

■電話番号

 TEL: 03-6712-0970

 FAX: 03-6737-1975

 

■メールアドレス

ritsuko_arimura@ar-sr.com

 

■営業時間

 月~金: 9:00-17:30

 休日:  土・日・祝日

 

■対応可能エリア

 東京都を中心とした関東圏

 ただし、遠方でありましてもご相談のうえ、対応いたします。